群馬の自然学校 20年の活動と5万人以上の参加実績

群馬県教育委員会 東毛青少年自然の家~親子防災キャンプ 受託事業

群馬県教育委員会 東毛青少年自然の家からのご依頼で「親子防災キャンプ」の企画・運営・指導に携さわらせて頂きました。

 

今回は地震が発生して「参加者の皆さんが避難してきて、避難所で生活をする」ことを想定して活動がスタート。

 

先ず最初に避難スペースの確保のためにダンボールでパーテーション作りや

小学校の防災クラブでも実施している「災害の種類と被害の大きさ」のワークショップ

 

子どもと大人に別れて

子どもたちは新聞紙で作る

「簡易スリッパ」や、牛乳パックで作る「簡易食器」。

防災風呂敷で水を運んで

バケツリレーゲームを行いました。

 

大人は

長期避難時に有効なロケットストーブ作り

夕食には各家庭で用意した食材を調理して食べました。牛乳パック食器やロケットストーブを早速活用して避難生活を体験。

 

災害発生時に起こりうる

ケガの対処法や心肺蘇生法などをはじめ

非常食や非常持出袋の中に入れておくと便利なモノなど紹介しました。

 

その他にも

・災害シュミレーションゲーム(クロスロード)

・避難所でのルールやマナー

・避難所宿泊体験(避難所内、または車中泊を参加者が選択)

などを学習、体験して頂きました。

 

2日間に渡り、リアルな体験をすることで『準備不足のコトやモノを確認し。日常(平時)にどんな備えや準備、家族との確認が必要なのか?』を理解・学習して頂きました。

 

※チャウス自然体験学校では所属する防災士が「楽しく体験しながら学ぶ防災プログラム(防災教育)」の企画・運営・指導を行っています。ぜひご依頼ください。