群馬の自然学校 19年の活動と4万5千人以上の参加実績

(公社)日本青年会議所 関東地区群馬ブロック協議会~受託事業

6月30日(日)に群馬県桐生市で開催されました(公社)日本青年会議所 関東地区群馬ブロック協議会 主催「第49回群馬ブロック大会in桐生」にて

f:id:chaus:20190703222435j:plain

 

「今こそ学ぶSDGsの可能性」と題した講演会にて代表の加藤が

f:id:chaus:20190703222726j:plain

チャウス自然体験学校で既に実践しているSDGsの取組事例をお話させて頂きました

 

《紹介内容》

f:id:chaus:20190703222840j:plain

・SDGsを推進するためのツールとしてのESD
・川の環境保全・保護活動(サケ・ヤマメの放流活動)の実践事例
・地域防災(防災カフェ)の実践事例
・防災教育(小学校内のクラブ活動での「防災クラブ」の実践事例

をはじめ、地域ESD活動推進拠点として企画支援や活動等に携わる事例として

・地元、新聞社・ラジオ放送局への「SDGs」の解説
・アースデイin桐生における、出展団体・来場者が「SDGs」を理解するための「SDGsポイントラリー」企画提案・運営
・他の地域で一般市民向けに取り組んでいる事例「SDGs」の紹介

を発表させて頂きました。

f:id:chaus:20190703222902j:plain

会場には約400名の企業経営者の方々や一般の方々がご参加頂き、「SDGs」の関心の高さを改めて実感致しました。